市が2年で街路樹1200本伐採 「紅葉楽しみだったのに」と落胆の声も

2021年11月29日 のニュース

■車の視界遮り、張りだした根がアスファルト盛り上げ■

 京都府福知山市が長田野工業団地内で、市道沿いの街路樹などの樹木伐採を進めている。団地発足時に植樹してから50年近くが経過し、大きくなった木が、操業環境や交通の障害になっていることが主な理由。一方で、地元住民からは、緑や紅葉を楽しむ機会が減ると惜しむ声が聞かれる。

 両丹日日新聞社に読者から「長田野工業団地内で市が樹木の伐採をしている。緑や紅葉の景観が楽しめたのに残念」と、落胆する声が届いた。

 市道路河川課によると、工業団地内には、イチョウ、カイヅカイブキ、プラタナスなどが植えられているが、大型トラックをはじめ車の交通量が多く、「せり出した枝に当たる」「見通しが悪い」などの苦情が寄せられていたという。

 市は、維持管理の剪定(せんてい)をしてきたが、木が大きくなるにつれて経費がかさみ、張り出す根がアスファルトを盛り上げる原因にもなっていて、昨年度から2カ年計画で約1200本の伐採に取り組んでいる。街路樹を植樹しているスペース・植樹桝(ます)は撤去する。

 市は「景観を楽しみにされているとの声もお聞きしていますが、ご理解をいただければ」としている。
 
 
写真=長田野工業団地内で街路樹の伐採作業が進んでいる

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。