丹後の「旬」を通年化するCAS冷凍 リフレかやの里でフルーツのフェア

2020年10月31日 のニュース

 急速冷凍技術で「いつでも旬のおいしさ」が味わえるようにした丹後産のフルーツが楽しめるフェアが、11月1日から3日までリフレかやの里「森のレストラン」(京都府与謝野町金屋)で開かれる。

 リフレかやの里は宿泊施設や入浴施設、農産加工所などからなる町営施設で、社会福祉法人よさのうみ福祉会が運営。微小な振動を与えて細胞壁を壊さず急速冷凍できるCAS冷凍設備を2017年に導入した。解凍した時のドリップが通常の冷凍品より少なく、香りが残っているのが特徴とされる。

 フェアでは、CAS冷凍した丹後産フルーツのおいしさを知ってもらおうと、ランチビュッフェにシャインマスカット、ナシ、メロンなどを提供する。

 ビュッフェはコロナ予防のため休んでいたが、感染対策を取りつつフェアから再開する。大人1600円、小学生880円、幼児580円、65歳以上1280円。時間は午前11時から午後3時まで。電話0772(43)1730。
 
 
写真=CAS冷凍して解凍したフルーツ(府丹後広域振興局提供、実際に提供されるフルーツは一部種類が異なる)

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。