京都府猟友会が福知山にドローンの訓練場を開設

2020年10月21日 のニュース

 福知山市今安に、京都府猟友会のドローン(無人航空機)訓練場が開設された。16日に使用開始のセレモニーが開かれ、西村義一会長ら役員と福知山支部の会員、地元の人が参加し、ドローンの展示、デモンストレーションをした。

 府猟友会は、会員数の減少や高齢化、猟犬飼育者と犬の減少などが進むなかで、効率的、近代的な有害鳥獣駆除方法を検討。ドローンに着目し、活用方法などを研究してきた。

 この成果を全国組織の大日本猟友会に示し、ドローン活用の研究開発に同意を得て、全国のモデルケースとして実用化を目指すことになった。

 訓練場は会員が米を作っている田を活用。今後も米を栽培し、稲刈りをしたあとの田を訓練場として使用する。

 セレモニーは衆議院議員や地元の自治会長らも出席。それぞれ祝辞を述べ、ドローンの活用によって、増え続ける有害鳥獣の駆除が進むことを期待した。

 このあと、市内にトレーニングセンターを持つ一般社団法人無人航空機操縦士養成協会がデモンストレーションをした。

 カメラを取り付けたドローンを姫髪山近くまで飛ばし、送信されてくる画像を車載モニターで見てもらったり、農業用ドローンを訓練場で飛ばして能力の解説をしたりした。
 
 
写真=農業用ドローンを飛ばしてデモンストレーションをした

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。