秋の訪れ告げる寒露のこも巻き マスク着けて作業

2020年10月08日 のニュース

 8日は二十四節気の一つで本格的な秋の訪れを告げる「寒露」。京都府福知山市猪崎の三段池公園内で、秋の風物詩になっている「こも巻き」(市都市緑化協会主催)が行われた。福知山地方の朝の最低気温は平年よりやや高い15・2度だった。

 公園内には、松が約1840本あり、緑豊かな景観を作っている。こも巻きは、松枯れの原因となる害虫が越冬のためこもに潜る習性を利用して、冬眠から覚める前の3月初旬ごろに取り外して焼却する。近年は環境の変化により、駆除効果が乏しいとの報告もあるが、三段池公園では秋の風物詩として定着していて、こもに潜る虫の現況調査をしながら規模を縮小して続けている。

 取り付け作業は、受託する市シルバー人材センターの5人が午前9時から水上茶室の近くで始め、わらで編まれたこもを2人1組で松の根元から1メートルほどの高さに巻き付けて縄で縛った。

 今年は新型コロナウイルス対策で、マスクを着用しての作業。作業員たちは「後半になってくると息苦しくなるかも」と笑いながら、1本ずつしっかりとこもを巻いていった。同日中に、予定している全約100本に巻き終える。
 
 
写真=雨でもやがかかる三段池をバックに松のこも巻きをした(8日午前9時すぎ)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。