300基のランタン夜空彩る コロナ終息の願いも込めて

2020年10月05日 のニュース

 LED電球を入れた風船に和紙をかぶせた「スカイランタン」を浮かべるイベントが4日夜、京都府福知山市猪崎、三段池公園大はらっぱ広場周辺で開かれた。たくさんのスカイランタンがゆっくりと上がり、夜空を彩った。

 イベントは、福知山商工会議所青年部(足立崇会長)が昨年の「ドッコイセこども大会」で、催しの一つとして初めて企画。今年も大会で実施する予定だったが、新型コロナウイルス感染防止で、大会自体が中止となったため、単独の行事として催した。

 用意したランタンは300基。午後6時30分すぎ、訪れた家族連れら約500人がランタンにつないだ糸を持って待機し、合図とともに一斉に空に上げた。

 ランタンが10~20メートルの高さまで上がると、参加者は「すごくきれい」と空を見上げ、スマートフォンなどでその様子を撮影していた。

 家族と参加していた修斉小学校6年、辻本光佑君は「新型コロナウイルスが終息するよう願いを込めて上げました。高く上がって良かったです」と話していた。

写真=夜空に上がるスカイランタン

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。