化石やクワガタの種類も「分かった!」 児童科学館で名前を調べる会

2020年08月26日 のニュース

 京都府福知山市猪崎、三段池公園内の市児童科学館(桐村嘉郎館長)でこのほど、「採集物の名前を調べる会-夏休み理科なんでも相談」が開かれた。子どもと保護者10人が訪れ、持ち込んだ草花、岩石の名前などを、市自然科学協力員会の会員たちから教わった。

 自然や科学に興味を持ってほしいと開いている恒例の催し。植物や岩石などに詳しい協力員5人が待機して、いろいろな質問に答えた。

 子どもたちは、自主研究のため河原で採集した岩石、ビオトープで顕微鏡を使って撮影した生き物の写真などを持参。岩石に2千万年ほど前の葉っぱの化石が含まれていたり、アメーバの捕食中の姿などが判明し、子どもたちは驚きの声を上げていた。

 両親と訪れた嶋崎皓太君(3)=内田町=は、自宅の玄関先で採取したクワガタの種類を知ろうと訪れ、捕まえたのがヒラタクワガタの雄とコクワガタの雌だと判明した。協力員たちからは寿命やエサ、育て方のアドバイスなどをもらい、「いろんな話が聴けておもしろかった」と笑顔を見せていた。
 

写真=子どもたちが採集物についていろんな話を聴いた

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。