保護者迎える茶会用に感謝の心で茶碗作り 福高附属中3年生

2020年07月26日 のニュース

 福知山市土師の京都府立福知山高校附属中学校(宮下繁校長)3年生が、楽茶碗を制作している。卒業式前に保護者を招いて開く「感謝の気持ちを伝える茶会」で使うもので、生徒たちは、日ごろ世話になっている大切な家族を思いながら、茶碗の形を作った。

 恒例の取り組みで、茶道について学び、伝統文化や伝統工芸についても知ることが目的。外部講師の指導を受けながら、茶碗作りや茶道体験をして道具や作法などについて学ぶ。茶会では生徒が茶をたてたり、茶菓子を用意し、感謝の手紙などを贈る。

 22日には亀岡市の帰来窯・昭楽窯当主の佐々木大和さん(55)が同校を訪れ、楽茶碗や茶道の歴史について講義をした。生徒たちは佐々木さんの説明を聴いてから800グラムの土を受け取り、ろくろを使って形を整えた。

 初めて陶芸に挑戦した岸咲那さん=城山=は、「お母さんのために感謝の気持ちを込めて作りました。作業前は難しそうに思いましたが、きれいに出来て楽しかったです」と笑顔を見せていた。

 茶碗は今後の授業で削りなどの工程を通じて完成させ、3月に開く予定の茶会で使う。
 
 
写真=茶碗を作る生徒たち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。