青パトから高校生の声で防犯広報 特殊詐欺注意呼びかけ

2020年07月18日 のニュース

 京都府警福知山署(熊谷真人署長)は防犯ボランティアと連携し、車両のマイク広報による防犯啓発を強化している。今年は防犯推進委員が乗る青色防犯パトロール車(青パト)で、福知山成美高校=福知山市水内=の生徒が新たに吹き込んだ録音データを流し、特殊詐欺被害防止などを市民に訴えている。

 新型コロナウイルスの感染予防のため、例年のスーパー店頭などでの啓発を控え、パトカーのマイク広報など、人と接触しない方法で啓発活動を行っている。

 青パト用のマイク広報文は、成美高に依頼。生徒会役員2年生の女子4人が、特殊詐欺、車上ねらい、自転車の盗難、子どもを狙った犯罪の4パターンを録音した。

 録音した音声データは、スピーカーが付いている青色防犯パトロール隊福知山中央支部の8台で使用。一斉防犯パトロール活動の日の15日に、福知山署から出発した。

 同支部代表の大野森志さんは「高校生の声は、良い声ではっきりとしている。市民にしっかりと聞いてもらえるよう、パトロールしたい」と話していた。
 
 
写真上=広報を吹き込む高校生たち
写真下=福知山署に集まった青パト

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。