海鳥、はるばる福知山の水田に

2020年06月13日 のニュース

 京都府福知山市波江の水田で9日、カモメ科の海鳥・ウミネコが羽を休めている姿が目撃された。近くを通った重野哲雄さん(73)=綾部市上林=が見つけ、持っていたカメラで撮影した。1羽だけでのんびりと水面に浮かんでいたという。

猫に似た鳴き声が名前の由来とされる鳥で、府北部の沿岸や河口で一年中見られる。黄色いくちばしの先端に赤斑と黒斑があることなどが特徴。

発見した重野さんは「見かけない鳥がいると思って撮影しました。餌を探していたのでしょうか」と話していた。

鳥に詳しいFAヤマセミの会の大槻浩さん(61)は、「海の鳥が20キロも内陸に飛んでくるのは珍しいですが、福知山では5月、6月に由良川沿いの田んぼへ数羽が現れることがあります」と話す。

また、「この時期にやって来る理由はよく分かっていませんが、『苗の小さい時期は餌になるオタマジャクシや虫を探しやすいから』という仮説があります」という。


写真=水田を泳ぐウミネコ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。