医療従事者の尽力を神様の耳に 大原神社、コロナ疫病退散を毎朝祈願

2020年04月21日 のニュース

 京都府福知山市三和町大原の大原神社で、林秀俊宮司(63)が毎朝、新型コロナウイルスの鎮静化を祈願する祝詞を上げている。緊急事態宣言に京都府も含まれた17日から始めた。当面、毎日行う。

 安産の神として広く信仰を集めている神社。いつもは、毎朝午前7時30分、朝を告げる太鼓を打ったあと、氏子の安泰、国の平和、安全な出産を願うお日供(にっく)の祝詞を上げている。今は、お日供に続いて感染症の鎮静化祈願をする。林宮司は祝詞の中で、医療従事者などが力を尽くしているが、終息していないことを神様に伝えたあと、疫病退散のために力を授けてほしいと祈願した。

 大原神社は17日からご祈祷について、密集、密接の危険性があるとして、参拝者が本殿に上がることを禁止した。これまでは一度に複数人が本殿に上がっていたが、安産祈願などの妊婦や乳児の安全を守るために特別な措置をとる。

 参拝自体は制限していないが、その際はマスク着用を呼びかけている。今後、安産祈願の申込者には、林宮司が祈祷した神符、腹帯など一式を郵送する。感染症終息後、希望者には本殿に上がってもらい祈祷をする。

 19日は祈祷の申し込みが20件ほどあったが、全て郵送もしくは延期の対応を取った。また手水鉢のひしゃく、境内の鈴の緒を収納して使わないようにした。御朱印は書き置きのみを授与する。

 林宮司は「一日も早い終息のため、なにとぞみなさまのご理解、ご協力を」と話している。

写真=コロナ終息の祝詞を唱える林宮司

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。