「この地球に存在している奇跡に感謝を」 成美高で卒業式

2020年02月20日 のニュース

 京都府福知山市水内の福知山成美高校(兒島裕之校長)で20日、第70回卒業式が開かれた。卒業生274人(男子165人、女子109人)は、列席した保護者や恩師らへ感謝の気持ちを伝え、将来に向けて決意を新たにした。

 体育館で式典が開かれ、大きな拍手に迎えられながら卒業生が入場。クラス担任が一人ずつ名前を呼び、代表者が兒島校長から卒業証書を受け取った。

 兒島校長は式辞で、昨年3月に開かれた第91回選抜高校野球大会に出場した野球部をはじめ、各クラブの活躍をたたえたあと、「この地球に存在している奇跡に感謝し、人として最高の状態を目指して大きく羽ばたき、最高の幸せを獲得してください」と伝えた。

 このあと、在校生代表の藤川結花さんが送辞、卒業生代表の金山花梨さんが答辞を述べた。

 東羽合の京都共栄学園高校でも同日、卒業式が行われ、197人(男子121人、女子76人)が巣立った。

 市内の府立3高校と福知山淑徳高校は、28日に予定している。

写真=卒業証書を受け取る卒業生代表(20日午前10時5分ごろ)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。