高校生が子どもたちを笑顔に 豪州の留学生も参加し絵本読み聞かせ

2019年08月30日 のニュース

 京都府福知山市駅前町の市立図書館中央館(浅田久子館長)で28日、高校生が絵本の読み聞かせをする「おはなしのひろば」が開かれた。留学生を含む福知山成美高校の3人が担当し、訪れた子どもたちを笑顔にした。

 この企画は5回目で、図書館が高校生の読み聞かせボランティアを募集したところ、福知山成美と福知山、福知山淑徳、京都共栄学園、綾部の各高校から計9人が応募した。

 すでに7日と14日にも実施しており、28日が最終回。この日は、成美高1年の佐藤貴良里さんと大日南光優さん、オーストラリアからの留学生、アリーナ・コノヴァノヴさんが担当した。

英語のダンスも

 集まった乳幼児と保護者を前に、3人は「たまごのうた」などの絵本を順番に読み聞かせ。また英語に親しんでもらえればと、英語の曲に合わせたダンスを一緒に踊り、子どもたちも楽しそうに体を動かしていた。

 3人は「事前に練習もして、本番はゆっくり話すことを心がけました。思っていたより子どもたちの反応も良く、楽しんでもらえてうれしかった」と喜んでいた。

写真=留学生のアリーナさん(中央)も参加して読み聞かせをした

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。