プロバスケ京都ハンナリーズが小中学生にクリニック

2019年08月17日 のニュース

 プロバスケットボールチーム「京都ハンナリーズ」は、京都府福知山市猪崎の三段池公園総合体育館メインアリーナでこのほど、市内の小中学生を対象にしたバスケットボールクリニックを開いた。参加した子どもたちが、選手とともに基礎練習などに励んだ。

 市のスポーツ教室として福知山バスケットボール協会と協力して開催。小学生約100人、中学生約30人が参加した。

 ハンナリーズからは背番号10番の鶴田美勇士選手、15番の玉木祥護選手、アシスタントコーチの高橋哲也さんが訪れ、前半は小学生の部、後半は中学生の部をした。

 小学生の部では、プレーが上達するための基礎をみんなで練習。落ちるボールを腰を落としてキャッチしたり、中腰の姿勢からスタートダッシュを決める方法などを教わった。

 昭和小学校6年生の宮本大誠君は「すぐに走り出すための足の使い方が勉強になりました。これからも練習して使いこなせるようになりたい」と話した。

 
写真=選手と一緒にダッシュの練習をする小学生たち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。