先祖と福知山花火大会事故犠牲者を慰霊 丹波大文字法要

2019年08月17日 のニュース

 丹波大文字送り火に先立ち、京都府福知山市中ノの市厚生会館で16日夕に丹波大文字法要があった。戦没者や先祖を慰霊するとともに、2013年の福知山花火大会屋台爆発炎上事故で亡くなった3人を悼んだ。

法要には、市内の寺院、各団体の代表、一般市民が参列した。

祭主を務めた福知山商工会議所の谷村紘一会頭が祭文を読み上げ、先祖の御霊と屋台爆発炎上事故犠牲者への弔意を表し、「古里の繁栄を守っていくことが、今日の福知山に暮らす我々の使命」と力を込めた。

大橋一夫市長も追悼の言葉を述べ、「安心安全のまちづくりに尽くす」と誓った。

法要は厳かに執り行われ、御詠歌奉詠や、市民らが願いを込め書いた塔婆の供養、僧侶らの読経、参列者の焼香などが続いた。


写真=厚生会館で法要が行われた

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。