児童が育てた花を校区のお年寄りにプレゼント 美鈴小

2019年07月03日 のニュース

 京都府福知山市大江町二俣三の美鈴小学校(村上誠校長、23人)の全校児童が2日、自分たちで種をまいて学校で育てたニチニチソウの鉢植えを、校区内のお年寄り宅に届けた。

 児童たちが校区内のお年寄りたちと触れ合う機会を設けようと、毎年この時期に行っている。

 5月に、植木鉢に1人3、4鉢分ずつ種をまいて栽培。水やりなどをして育てた。

 今年の贈り先は、校区内5地区のお年寄り宅約80軒。児童たちは5班に分かれて二俣地区を受け持ち、「美鈴小学校のみんなで育てました。大事に育ててください」と言って鉢を手渡した。他の地区は民生児童委員や教諭らが配った。

 二俣に住む女性(78)は「昨年からいただいています。こうやって子どもさんと出会えるのがうれしい。かわいい花が咲くように頑張って育てたい」と話していた。

 

写真=お年寄りにニチニチソウを手渡す児童

Tweet

関連記事

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。