「おいしくなあれ」枝豆の種植えを体験 修斉小

2019年06月13日 のニュース

 京都府福知山市半田の修斉小学校(坂本幸彦校長)の3年生49人が11日、黒豆の枝豆の種植えをした。学校近くにある半田営農株式会社(福田恭衛社長)が管理する畑で、児童たちが大きく育つようにと心を込めて丁寧に植えた。

 3年生は総合的な学習の時間で、地域の名所や農作物などを調べて地元の良さを知る「ふるさとじまん見つけ隊」の学習をしており、一環として体験した。

 3年生たちは最初にJA京都にのくにの村上一政さん(42)から「白いへその部分を下にして土の中に置いてください」などと教わったあと、約5アールの畑に入り、種を1人10粒ずつ植えた。営農会社の社員からも、植える深さなどを教えてもらい取り組んだ。

 秋には収穫体験もする予定。足立滉介君は「うまくできました。おいしくなるように育ってほしい」と願っていた。

写真=丁寧に種を植える3年生たち

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。