明智左馬之助「湖水渡」を初公開 福知山城で武者絵展

2019年06月09日 のニュース

 京都府福知山市は、「天正十年六月~明智一族激動」と題した展示会を、内記一丁目の福知山城天守閣で開いている。明智光秀らを題材に、当時の浮世絵師が描いた武者絵がメインで、期間は設けず、当面展示する。

 福知山城は光秀が築いた城。展示会では、光秀が本能寺の変を起こし、明智一族が激動の展開、結末を迎えた天正10年6月の出来事を描いた武者絵、絵本読本を中心に、解説付きで並べている。

 昨年度に市が購入し、初公開となる武者絵も3点ある。なかでも、山崎合戦で光秀の敗走を知った明智左馬之助(秀満)が、坂本城へ入城する際に馬で琵琶湖を渡った逸話を、江戸後期の浮世絵師が描いた「勇士左馬之助湖水渡(歌川国綱作)」は、ダイナミックに描かれており迫力がある。

 ほかの2点は、「新撰太閤記 明智光秀述懐(歌川豊宣作)」「新撰太閤記 明智光秀小栗栖(同)」で、同じ場面を描いた浮世絵がほかに無いため、いずれも貴重な作品だという。

 午前9時から午後5時までで、観賞は有料。火曜日定休。

 

写真=光秀らを描いた武者絵が並んでいる

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。