暖冬に負けず良い出来 府北部の新酒を吟味

2019年04月07日 のニュース

 大阪国税局の鑑定官が、丹波、丹後の蔵元が仕込んだ新酒を吟味する「京都北部利き酒研修会」が3日、京都府福知山市昭和新町の府立中丹勤労者福祉会館で開かれた。

 酒質、製造技術の向上などを目的に、福知山、京都丹波、宮津、峰山の4酒造組合が、持ち回りで実施。今年は宮津が主催し、加盟する15社が計48品を出品した。

 内訳は、吟醸酒16品、純米酒19品、本醸造酒7品、普通酒6品。大阪国税局の本村創・主任鑑定官(47)ら2人が、利き猪口に入った酒を口に含み、味や香り、色を確かめた。

 本村主任鑑定官は「暖冬の影響で、酒造りが困難な部分もあったと思いますが、各社の特長をしっかり表現できており、どれも良い酒に仕上がっています。飲みごたえのある酒が多いように感じました」と評価した。

写真=口に含むなどして新酒の出来を確かめる鑑定官

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。