電気自動車普及へ急速充電設備を市が3カ所開設 公用車を順次更新

2022年03月16日 のニュース

 脱炭素社会の実現に向けて、京都府福知山市は、市内公共施設3カ所にEV(電気自動車)用の急速充電設備を設置する。2022年度当初予算案に6千万円を計上した。

 EV用の充電設備は市内では京都府やガソリンスタンド、コンビニ、自動車販売店、ホテルなど約20カ所で設けている。市が設置するのは初めて。

 来庁者の利便性向上のために「市役所本庁舎」、充電設備がない大江地域で観光需要も見込んで「市役所大江支所」(京都丹後鉄道大江駅隣接)、市内外から多くの利用がある「三段池公園」の武道館前にそれぞれ設ける。

 市役所と大江支所の設備は、走行可能距離400キロの普通乗用車タイプを1時間程度でフル充電できる仕様。武道館はその半分の時間でできる。

 また2040年を目標に、公用車をすべてEVなどに更新することにしていて、新年度にEV3台とPHEV(プラグインハイブリッド車)1台を予定している。

 

 

写真=急速充電設備のイメージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。