使用済み切手を社会福祉に 福知山の29郵便局が30万枚寄贈

2021年11月06日 のニュース

 京都府福知山市内にある29郵便局は、来局者や社員が寄せた使用済み切手約30万7千枚を、このほど市社会福祉協議会(夜久豊基会長)に贈った。使用済み切手は、社協から神戸市のNPO団体に送られ、コレクター向けの古切手セットなどにして販売し、売り上げが社会福祉の向上などに役立てられる。

 市内郵便局は使用済み切手の寄贈を長年続けている。前回は2016年3月に贈っており、今回は、それから今年9月末までに、各局に置く回収箱に寄せられたもの。使用済みテレホンカードも併せて届けた。

 29局を代表して伊藤雅之福知山局長ら5人の局長が訪れ、「地域のみなさまの協力で多くの古切手が集まりました」と、夜久会長に段ボール箱や袋に詰めた切手を渡した。

 届けられた使用済み切手の多さに驚いた夜久会長は「これだけの量が一度に届けられることはめったにありません。使用済み切手をいろんな形にして販売した収益は、障害者の支援などに役立てられます。さらにボランティアの輪が広がってほしい」とお礼を述べた。
 
 
写真=夜久会長(左)に使用済み切手を手渡す伊藤・福知山郵便局長

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。