来年を明るく 「笑った文字」の年賀状講座

2020年11月16日 のニュース

 主婦層を中心に人気を集める「笑い文字」を使った年賀状講座が13日、京都府福知山市土の住まいのアトリエ「ハシハウス」で開かれた。参加者は講師に教わりながら、「あけましておめでとう」などの筆文字の中に満面の笑顔を描いた。

 笑い文字とは紙と筆ペンを使って描くもので、書いて渡した人も受け取った人も、温かい気持ちになれるコミュニケーションツール。一般社団法人笑い文字普及協会の公認初級講師、春木恵さん=土=が、参加者に教えた。

 初めに入門編で「ありがとう」を書き、曲線などの筆運びを学んだあと、年賀状に挑戦。「あ」の文字は太く丸みをつけるよう注意しながら、ほかの文字よりも大きく書き、その中に朱色でほっぺたを表現し、笑顔を仕上げた。

 参加した女性は「楽しく講座を受けられました。新型コロナウイルスの影響で、友人と会うことが減ったので、その代わりに年賀状は心を込めて手書きにしたい」と話していた。

写真=笑い文字を使った年賀状に挑戦する参加者

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«11月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。