高齢夫婦が電話しながらATM-詐欺被害防いだ有路郵便局に感謝状

2021年06月26日 のニュース

 特殊詐欺被害を未然に防いだとして、京都府警と福知山署はこのほど、福知山市大江町南三の有路郵便局(塩見直樹局長)と同局課長代理の中村貴志さん(44)に感謝状を贈った。

 5月21日午後、高齢の夫婦が携帯電話で通話しながら同郵便局のATM(現金自動出入機)へ入り、操作している姿を中村さんが目撃。違和感を覚えた中村さんは「特殊詐欺被害に遭うかもしれない」と考え、声を掛けた。

 男性の携帯電話にSMSで、インターネット料金の未納分が10万円近くあり、即日払わなければ裁判になり、料金が10倍になると連絡があった。このため、男性は発信元に電話をかけ、指示に従って請求額を振り込もうと郵便局を訪れたという。

 中村さんは詐欺の可能性があることを伝え、近くの南有路駐在所に連絡。すぐに松田淳史巡査部長が駆けつけ、事情を聴く中で振り込め詐欺であることがはっきりし、夫婦を思いとどまらせた。

 同郵便局には府警本部の特殊詐欺対策統括官感謝状、中村さんには同署の小野孝一署長が感謝状を贈った。中村さんは「お客様が被害に遭わなくて良かった」と話していた。
 
 

写真=感謝状を受ける中村さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。