バスが来ない山の中にバス停? 標識に似せた個人宅の表札

2021年08月29日 のニュース

 街中でよく見かけるバス停標識。京都府福知山市三和町田ノ谷、山の中の市道沿いには、標識に似せた個人宅の表札が立っている。バス路線ではない場所のため、車両は止まらないが、本物そっくりで、地区内でも話題になっている。

 作ったのは岩見義隆さん(69)。母屋が自宅前の道路から高い場所にあり、宅配業者らに分かりづらいため、下の道路沿いに表札を付けることを考えた。ただ、普通の表札だと面白くないと思い、バス停の標識風にした。

 知人からもらった板を使い製作。丸い部分にはペンキで、住所の「田ノ谷」と、名前の「岩見」という字を記している。支柱には架空の時刻表も取り付けた。

 表札の出来に近所の人たちもびっくり。時刻表を見て「たくさんバスが止まるんやなあ」と笑っている。岩見さんは「この表札を立ててからは間違わず、スムーズに配達などをしてもらっています。古くなったら新しいものを作り、また立てたい」と話している。


写真=田ノ谷に立てられた「バス停」

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。