クリーン作戦 堤防の雑草など地区内を清掃

2021年07月20日 のニュース

 福知山市内記一丁目自治会(河波司自治会長)は18日、地区内の清掃活動をした。明智藪周辺の由良川堤防などで取り組み、民家側の堤防の壁に生えた雑草を抜いたほか、道路に落ちたごみを拾って歩いた。

 まちの美化を目的とした自治会活動の一環。「クリーン作戦」として、15年ほど前から年2回、有志が集まって実施している。

 近くの京町の住民、国交省福知山河川国道事務所の職員にも呼びかけ、総勢80人ほどが手分けして行った。堤防の雑草は鎌で刈ったり、手で引き抜いたりして取り除き、高いところは脚立も使って作業した。

 河波自治会長(81)は「まちをきれいにするということは、社会や住民の心を明るく、美しくすることにつながります。今後も続けていきたい」と話していた。


写真=高い場所の雑草は、脚立を使って取り除いた

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。