大ぶりなピンク華やか 堀越の湿地帯でハス咲き始め

2021年07月08日 のニュース

 京都府福知山市堀越の湿地帯で、ハスが咲き始めた。大ぶりでピンク色の花が周囲を華やかに彩っている。

 かんがい用の池として使われていた湿地帯に、2000年に地元の人が数株のハスを植えたのが始まりで、年々株数が増えていった。

 今年は7月に入ってすぐに開花。住民有志の15人が4日に周辺の草刈りをして、見学しやすいようにした。

 ハスは早朝に咲いて、午後にはしぼんでしまう。現在はつぼみのものが多いが、梅雨の雨を受け、生い茂る葉っぱの間から清楚で美しい姿を見せている。

 今川芳樹・堀越自治会長(71)は「例年通り大輪の花を咲かせてくれました。今年は花芽が多く、盆ごろまで咲き続けるでしょう」と話している。
 
 
写真=葉の間から清楚な姿を見せるハスの花

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。