80センチほどのオオサンショウウオ 川北の川で住民が発見

2021年06月14日 のニュース

 日本固有の両生類で、清流に生息する国の特別天然記念物・オオサンショウウオが14日、京都府福知山市川北の大砂利川に姿を現し、住民が珍しそうに見ていた。

 午前6時ごろ、近所の人が褐色のオオサンショウウオを発見。体長約80センチの体をくねらせたり、上流に向かって前に進んだりする様子が見られた。

 連絡を受けた自治会長の塩見隆司さん(75)は「昔、お年寄りから、大砂利川にはオオサンショウウオがいると聞いていてきれいな川だと思っていました。この川で見たことはありませんでしたが、古老の話は本当だったんだなと思いました」と話していた。

 特別天然記念物のため手を出さず、市役所に連絡した。
 
 
写真=勢いよく流れる水のなかで、じっとしているオオサンショウウオ(14日午前7時ごろ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。