生徒が縁起物・松竹梅の寄せ植え作り 福知山高校三和分校

2020年12月11日 のニュース

 福知山市三和町千束、京都府立福知山高校三和分校(大久保博之副校長)農業科の生徒32人が、縁起物の松竹梅などの寄せ植え作りに取り組んでいる。1人1、2鉢作り、57鉢限定で予約販売する。

 農業科の実習として毎年末に行っており、心を込めて丁寧に仕上げる寄せ植えは人気がある。最近は資材の調達が難しくなっているのが課題だという。

 まさ土を入れた12号の長方形の鉢に溶岩石を置き、松竹梅やヤブコウジ、ナンテンなどの木や草花をバランスを考えながら配置。さらに、コケを貼り、白い小石(寒水石)を敷いた。最後に作り物の鶴をあしらって完成させた。

 4年生の清水瑞哉君は「作るのは4年目ですが、何回やっても難しいです。先生に石の置き方などを詳しく教わったので、その成果を生かしたい。購入していただくとうれしく、やりがいもわきますので、頑張って作りたい」と、熱心に手を動かしていた。

 予約、問い合わせは同校、電話0773(58)2049へ。
 
 
写真=表面に丁寧にコケを敷く生徒

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«12月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。