高齢男性が電話しながら電子マネー 架空請求詐欺防ぎローソン三和町店に感謝状

2020年10月29日 のニュース

 京都府警福知山署などは28日、福知山市三和町千束のローソン福知山三和町店(オーナー・井川晶さん)と従業員の松野半さん(35)に、特殊詐欺被害を未然に防いだ功績で感謝状を贈った。

 同署によると、同店に9月26日夜、丹波篠山市の男性(80)が1人で訪れ、約30万円分の電子マネーを購入しようと、松野さんにマルチメディア端末の操作を依頼した。

 電話で誰かと話をしながら高額の電子マネーを購入しようとしていたため、特殊詐欺被害に遭っているのではないかと心配した松野さんが、男性に注意喚起をし、警察にも通報して被害に遭わずに済んだ。

 男性は携帯電話料金の未納分があるという架空請求をされ、コンビニエンスストアで30万円近くを支払うよう指示されたという。

 店には府警本部の特殊詐欺総合対策統括官感謝状、松野さんには福知山署長からの感謝状が贈られ、井川さんは「男性が被害に遭わなくて良かった。これからも地域の安全に貢献していきたい」と話した。松野さんは「常に特殊詐欺の被害が出ないよう気を配っています。今回のようなことは初めてで、これからも注意を払っていきたい」と気を引き締めていた。
 
 
写真=感謝状を受ける井川さん(左)と松野さん

Tweet
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。