制約多かった1学期 終業式は教室で-夏休みも手洗い、マスク忘れずに

2020年07月31日 のニュース

 京都府福知山市の市立小中学校は31日、1学期の終業式をした。新型コロナウイルスによる臨時休校の影響で、夏休みは8月1日から同23日までに短縮。各校では児童、生徒らに休み中のコロナ予防対策などを呼びかけた。

 半田の修斉小学校(一戸香里校長、342人)では、コロナ対策として、全校児童が体育館に集まらず、各教室で式に臨んだ。

 最初に校歌を斉唱。マスクを着けた児童たちは大きな声を出さないように歌った。

 一戸校長は校内放送で「7月31日が1学期の終業式となりました。こんなことは初めてだと思います。楽しみにしていた行事は中止や延期となり、密を避けることなど制限されることが多い1学期でした。そんな中でもみんなよく頑張りました」とたたえた。そして「あすからの夏休みでは、お手伝いを頑張りましょう。また事故などに遭わないように、安全に過ごしてください」と語りかけた。

 最後にコロナ感染予防についても話し、「夏休み中も手洗いは当たり前に。外出時などにはマスクを着ける。人の多い所には行かないように努めてください」と呼びかけた。

 このあと生徒指導部長の教諭が夏休み中の諸注意を話し、この中でもコロナ予防として、毎日の検温、マスク着用、手洗いの励行を促した。

 掃除のあと、各クラスで学級活動。児童たちは通知表や宿題などを受け取った。
 
 
写真=教室で終業式に臨む修斉小6年1組の児童たち(31日午前8時55分ごろ)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。