水害に備えて交通規制訓練 停電を想定して手信号

2020年07月30日 のニュース

 水害に備え、京都府警福知山署(熊谷真人署長)などはこのほど、福知山市役所近くの市道交差点で交通規制訓練を行った。大雨の影響で停電し、信号機が使えなくなったと想定。手信号による交通整理や信号機の復旧手順などを確認した。

 府警本部交通規制課、福知山署の交通課・地域課、市役所職員ら約20人が参加。実際に信号機を止めて訓練した。

 署員は、交差点の中央や各歩道に立ち、通行する車両や歩行者を手信号で誘導。燃料で動かす「発動発電機」や市の電源車を使って信号機の復旧訓練もした。
 
 
写真=手信号で交通整理する署員

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。