やっとオープンできた 地域の交流拠点施設・三和荘

2020年06月03日 のニュース

 京都府福知山市三和町寺尾の交流拠点施設・三和荘(山脇達也支配人)は、宿泊や日帰り入浴、レストランなど営業を1日に全面再開した。従業員は訪れた常連客から「再開おめでとう」と激励を受け、胸を熱くした。

 指定管理者の特定非営利活動法人丹波・みわ(竹添透理事長)が運営する。新型コロナウイルスの影響で、4月18日から休館の措置を取ったが、5月20日には、テニスコート、運動広場など屋外スポーツ施設の利用を始めた。

 段階を経て、1日にほぼ通常通りの営業となった。休館期間には再開に向けて、ロビーや風呂などの設備を従業員らで修繕。その間に地域の人から、いつから再開するのかの問い合わせや激励の電話を受けたという。

 感染予防策は市などのガイドラインに沿って、窓口にシートを設置し、レストランの席は間が空くように案内。浴場のサウナと水風呂は当面利用を停止するほか、レストランの営業時間を1時間短縮し、午後8時までとした。

 山脇支配人(48)は「やっとオープンにこぎ着けました。地域の人に心温まる声を掛けてもらい、大変ありがたいことです。一緒にこの困難を乗り越えていきたい」と話す。

 来館した常連客の70代男性は「良い施設で、コロナの前はほぼ毎日来ていました。ここが開いていなかったらどうしようもない。久しぶりに食べたランチはおいしかった」と喜んでいた。
 
 
写真=食事の会計をする来店客

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。