市民病院濃厚接触者の調査、医療従事者終わる 新たな感染無し

2020年03月12日 のニュース

 福知山市立福知山市民病院に勤務する介護福祉士の40代女性(綾部市在住)が、新型コロナウイルスに感染していたことを受け、濃厚接触者の調査を進めている京都府は、PCR検査の11日時点の状況を発表した。新たに入院患者ら40人分の検査結果が判明したが、いずれも陰性だった。

 介護福祉士の女性は、大阪のライブハウスを訪れており、感染は7日に分かった。これ以降、家族、医療従事者、入院患者ら濃厚接触者計196人の検査が進み、これまでに両親、同僚の看護師、70代入院患者の計4人の感染が判明している。

 11日に結果が分かった40人を含め計178人の検査が完了。医療従事者60人はすべて終わった。残る18人はすでに退院していた人で、結果は13日までに判明する見通し。

 このほか11日までに、介護福祉士の両親の濃厚接触者7人、同僚看護師の濃厚接触者4人も検査し、いずれも陰性だった。ただし、介護福祉士の両親は、今後の調査で検査対象者が増える可能性があり、感染した70代入院患者の面会者らも調査している。

Tweet

春の購読キャンペーン

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。