新型肺炎、京都府の相談1千件 窓口24時間対応に

2020年02月19日 のニュース

 京都府は18日から、新型コロナウイルス感染症の専用相談窓口を、24時間対応に拡充した。専用窓口は電話075(414)4726。府庁内の健康対策課に設けている。

 国内の感染状況、国の専門家会議での意見を踏まえて決定。新型コロナウイルス感染症の疑いがある人に、医療機関を紹介して受診方法を伝えるほか、予防方法などのあらゆる一般的な相談にも対応する。

 引き続き福知山市の中丹西保健所、電話0773(22)6381でも、平日午前8時30分から午後5時15分まで、同様に相談を受ける。

 特に風邪の症状や37・5度以上の発熱が4日以上(高齢者と基礎疾患のある人は2日程度)続き、強いだるさや息苦しさがある人は、医療機関で受診する前に、専用窓口に相談することを呼びかけている。

 17日までに府内の窓口に寄せられた相談は1087件で、このうち中丹西保健所で対応した相談件数は48件となっている。体調不良者からの受診方法などに関する相談が20件、予防方法に関するものが14件と多かった。

 1月29日から開設しており、中丹西保健所では一日平均2、3件ほどを受け付けているといい、17日は9件の相談があった。

 中国への渡航歴や帰国者と接触歴のある人からの相談はなく、体調不良者からの相談も、新型コロナ感染症の疑いがあるものはなかった。

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。