東京ドームで「ドッコイセ」 福知山踊振興会がふるさと祭り出演

2019年11月24日 のニュース

 東京ドーム(東京都文京区)で来年1月にある日本最大級の郷土芸能とご当地グルメの祭典「ふるさと祭り東京2020」に、京都府福知山市の福知山踊振興会が初出演する。青森のねぶた祭、秋田竿燈まつり、愛媛の新居浜太鼓祭りなど名だたる21の全国の祭りと肩を並べ、福知山踊りの「ドッコイセ」のかけ声を響かせる。

ふるさと祭りは、東京ドーム、フジテレビなどでつくる実行委員会が、来年1月10日から19日まで開く。各地の祭りやグルメを一堂に集め、11回目だった前回は累計42万4401人が来場した。

福知山踊りは、明智光秀が福知山城を築いた際に、石垣を積み上げる領民らの身振り手振りから生まれた。その時の「ドッコイセ~、ドッコイセ~」の掛け声が福知山音頭の合いの手になっている。

踊振興会(田村卓巳会長)は、踊りの普及や伝承に意欲的なことで注目を集め、主催者側から昨冬に出演依頼を受け、調整してきた。前回のふるさと祭りを視察した田村会長は「すごい熱気を感じた。今回選ばれたことは光栄で、花のお江戸で『ドッコイセ』を広めたい」と意気込む。


写真=福知山城と福知山踊り

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«11月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。