ぼく「令明」です 福知山市動物園のレッサーパンダ命名

2019年10月07日 のニュース

 京都府福知山市猪崎、三段池公園内の市動物園(二本松俊邦園長)で誕生したレッサーパンダの子どもの名前が「令明=れいめい」に決まった。名付け親は三和町下川合出身の加藤明央さん(46)=兵庫県西宮市=。令和が明るく良い時代になるようにとの願いが込められている。

 令明はオスで、7月10日に父親の「キャラ」(6歳)、母親の「しらたま」(同)との間に生まれた。現在は体長36センチ、体重1・4キロとすくすく成長している。

 9月30日まで名前を募集し、710点の応募があった。新元号からとった「令」の字が入った応募が多かったが、「令明」は加藤さんだけ。福知山ゆかりの戦国武将、明智光秀の一字が入っていることもあり、選ばれた。

 6日に園で発表式が行われ、二本松園長が名前を発表。名付け親の加藤さんと、惜しくも名付け親を逃した9人にそれぞれ賞状とぬいぐるみ、特別招待券を贈った。

 市動物園を年に2、3回訪れるという加藤さんは、「良い年になることと福知山らしさを出した名前にしました。元気に育って人気者になってほしいです」と話した。
 
 
写真=名前が「令明」に決まったレッサーパンダ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«10月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。