ソフトテニス:成美高の2選手が府チームで国体出場

2019年09月26日 のニュース

10月1、2日に茨城県で開催

 福知山市水内、福知山成美高校女子ソフトテニス部の2選手が、10月1、2両日に茨城県で開催される第74回国民体育大会ソフトテニス競技少年女子の部に、京都府代表チームの一員として出場する。

 遠藤かおる選手(3年)=東出雲中・島根県=、松本里紗選手(3年)=城南中・舞鶴市=で、2選手は昨年も府代表チームとして国体に出場し、3位に入る健闘を見せた。

 試合は、ダブルス2ペア、シングルス1人によるチーム対抗戦。8月に近畿地区予選があり、6府県で総当たりリーグ戦をし、出場2枠を争った。

 京都は奈良に敗れたが、その他は勝利し4勝1敗の1位で予選を突破した。シングルスで出場する遠藤選手は、「個人としては予選で思ったようにプレーができず、ダブルスの2ペアに助けられた」と振り返る。

 ダブルスの松本選手は「予選は緊張したが、国体では失うものはない」と気合を入れ、「昨年よりも良い結果をめざしたい。リラックスして落ち着いて挑みたい」と口をそろえた。

 国体少年女子は各地区予選を勝ち抜いた16都道府県がトーナメント戦で順位を争う。会場は北茨城市の磯原地区公園テニスコート。

写真=国体に出場する福知山成美高校女子ソフトテニス部の松本(左)、遠藤両選手

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。