乳白の世界、朱に染まる一瞬 大江山に雲海

2019年09月26日 のニュース

眼下に広がる神秘の光景

 丹後天橋立大江山国定公園の神話と鬼伝説の山、京都府福知山市大江町の大江山連峰が本格的な雲海シーズンを迎えている。北原の鬼嶽稲荷神社(標高約640メートル)からは眼下の山間に「白い海原」が広がり、神秘的な光景が見られる。
 雲海は放射冷却の影響で、空気中の水分が霧となり、盆地や谷などにたまって発生する。昼夜の寒暖差が大きい晴天の朝に見ることができる。
 大江山連峰の雲海は条件が合えば年中見られるが、10月中旬から11月中旬にかけてが一番の見ごろ。26日は早朝から川霧が立ち上って広がり、深い山々を覆った。乳白色の霧の海は午前6時前の日の出とともに朱色に変わり、訪れた人たちが一斉にカメラのシャッターを切った。
 宮津市の刀谷浩行さん(47)は「初めて大江山の雲海を見ました。すごく神々しい感じがして、来て良かったです」と喜んでいた。
 自然公園指導員の赤松武司さん(66)=同町金屋=は「今年は残暑が厳しかったので、昨年と比べ大江山の雲海の発生は遅れているようです。10月に入って気温が低くなると、どんどん出てくるでしょう」と話している。
 
 
写真=朝日を受け、朱色に染まる霧の海(26日午前6時すぎ)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。