ナスのグローブ? 5つが合体 福知山高校三和分校で収穫

2019年08月24日 のニュース

 福知山市三和町千束の京都府立福知山高校三和分校(黒田一郎副校長)でこのほど、グローブのような形をしたナスがとれた。5本のナスがくっついて変わった形になったもので、農業科の生徒らが驚いている。

 農業科の生徒たちが実習などで季節の野菜を校内で育てていて、ナスは2月ごろから種をまいて栽培。6月に一度収穫し、7月に枝などを切って樹勢を回復させる切り戻しを行い、秋ナスを収穫していたところ、農業科の長主浩司・実習教諭がこのナスを見つけた。

 長主教諭は「2、3本がくっついたものはたまにありますが、5本は初めて見ました」という。

 農業科3年生の新宮康生君は「変わった形をしているのでおもしろいです」と話していた。

 
写真=グローブのようなナス

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。