女子ビーチバレー:全国2大会で悔しい8強 成美高ペア

2019年08月24日 のニュース

 京都府福知山市水内、福知山成美高校女子ビーチバレーボール部の中島瑠那さん(3年)=夜久野中出身=と江原あかりさん(2年)=江陽中出身=のペアが、今夏に開かれた2つの全国規模の大会で8強入りした。

 昨年の好成績により推薦を受けた日本トップレベルの大学生、高校生が出場する第2回全日本U-23男女選抜優勝大会と高校生の全国大会「2019マドンナカップin伊予市ジャパン女子ジュニア選手権大会」。

 両大会とも、予選を通過し決勝トーナメントに進出したが、準々決勝で、大会の優勝ペアに敗れた。「ミスが多かった」「自分たちのプレーが出来なかった」と気持ちは晴れない。

 特にマドンナカップは、強い気持ちで優勝をめざしていただけに、中島さんは「いっぱい応援してくれていたが、応えられずに悔しい」と肩を落とす。それでも「次は国体が9月13日からあるので、課題を直して挑みたい」と前を向く。

 マドンナカップは、成美から14年連続14回目の出場。5度の日本一を含み、13年連続での8強以上となった。
 
 

写真=全国規模の大会で8強入りした中島・江原ペア(右から)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。