処暑 大江で稲刈り始まる

2019年08月23日 のニュース

 23日は二十四節気のひとつの「処暑」。夏の暑さがおさまってくるという意味で、早場米産地として知られる京都府福知山市大江町北有路では、すでに稲刈りが始まっている。京都市右京区に住む山崎三楡さん(71)は20日から作業し、早くも実りの秋を迎えている。

大江町の由良川筋では、秋の台風シーズンの前に稲刈りができるよう、春の早い時期に田植えをするところが多い。

山崎さんは64歳のころから、妻の実家がある北有路で米作りに励んでいる。昨年は7月豪雨で栽培する田んぼが水につかったが、穂が出る前だったため、秋には収穫することができた。

今年は4月24日に、約20アールの田んぼにコシヒカリの苗を植えた。刈り取り作業はバインダーを使って行い、収穫した稲の束を稲木に架けて天日干ししている。

作業はあと4、5日かかる予定で、妻と一緒に行っている。出来た米は自分たちで食べるほか、家族や知人らに配る。

山崎さんは「天日干しにすると、甘い米になります。今年も粒がたくさん付いていて、おいしい米が食べられそうです」と喜んでいる。


写真=刈り取りはバインダーを使う山崎さん

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。