高校生がショベルカーの操作学ぶ 夏休み利用して学校で掘削体験

2019年08月16日 のニュース

 福知山市三和町千束の京都府立福知山高校三和分校(黒田一郎副校長)の農業科2年生10人が5、6両日、夏休みを利用してショベルカー(バックホー)の運転技術などの講習を受け、スキルアップに努めた。

 同校では毎年、夏季資格取得講習会として、小型車両系建設機械とボイラーの取り扱いを行っている。ボイラー講習は19、20両日に予定し、農業科の希望者が参加する。

 小型建機講習はコマツ教習所の指導員が講師を務め、1日目は座学で操作の基本、各部の名称などを同校の図書室で教えた。2日目はいよいよ実践。10人は同校校庭の隅で、教習所が用意したショベルカーの操作を学んだ。

 一人ずつ順番に、周囲の安全確認やショベル部分の点検をしてから乗り込み、エンジンのかけ方からショベルのアームとバケットを同時に動かす掘削の基本動作などを練習した。

 綾部中学校出身の井上空我君は「バケットとアームの2つを同時にうまく動かすのが難しかったです。きょうの講習でコツをつかんで帰りたい」と話していた。

 

写真=ショベルカーを操作する生徒

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。