暑い夏乗り切って サルに氷プレゼント

2019年08月05日 のニュース

 最高気温が35度を超える猛暑日が続くなか、京都府福知山市猪崎の三段池公園内にある市動物園(二本松俊邦園長)は3日、園近くの猿ケ島に住むニホンザル30匹に、フルーツ入りの大きな氷をプレゼントした。

 サルたちは、無理に動かず体力を温存し、比較的涼しい日陰で過ごしたりして、猛暑をしのいでいる。少しでも涼しくなってほしいとの思いで、毎年この時期に氷をプレゼントしている。

 今年もメロン、オレンジ、バナナ、ブドウ、リンゴなどが入った縦40センチ、横50センチ、高さ20センチの氷3つを、園の職員が運び込んだ。警戒心の強いオスを除き、メスと子どもは氷に一直線。指で器用にフルーツを取り出したり、氷にかじりついたりして、夢中で口に運んでいた。

 そんなサルたちの姿に、二本松園長は「上手に持って行きよるわ」と笑顔。「暑い日が続いているので、ごちそう入りの氷を食べて、夏を乗り切ってほしい」と目を細めていた。

写真=氷に群がり果物を食べるサルたち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。