抹茶の原料「てん茶」の生産始動 土の組合工場

2019年05月24日 のニュース

 一番茶の収穫が最盛期を迎える中、「良いお茶の産地」として評価が高い京都府福知山市で、抹茶の原料となる「てん茶」の製造が24日に始まった。土(つち)の福知山地方てん茶工場が午前8時に始動。これから3交代の24時間フル回転で、6月6日ごろまで稼働する。

 工場は、市内4茶業組合でつくる福知山地方てん茶生産組合(勝田孝男組合長)が運営する。

 てん茶は、もまずに乾燥させた茶で、石臼などで引いて粉にすると抹茶になる。

 工場では、生産農家から持ち込まれた生葉を、大型の専用機械で蒸したり、乾燥させたりして香り高く仕上げる。日中になると室温が40度近い暑さになる工程もあり、組合員と関係者が汗をかきながら作業を続けている。

 稼働初日ということで大橋一夫市長が訪れ、「福知山のお茶振興と品質向上に尽力いただいています。市も福知山茶のPR、情報発信に努めていきたい」と組合員らを激励。大槻成利副組合長(67)は「多くのみなさんに飲んでいただくものなので、良いものにしていきたい」と話していた。

 

写真=全ての工程を終えた茶葉が袋の中へ(きょう午前8時すぎ)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。