京のブランド産品「万願寺甘とう」出荷始まる

2019年05月21日 のニュース

 夏の京のブランド産品「万願寺甘とう」の出荷が、京都府福知山市内などで始まっている。甘みと独特の風味があり、肉厚で食べごたえがある果肉が特徴の大型のとうがらし。今年は、福知山、舞鶴、綾部の農家が約15・2ヘクタールで栽培している。出荷は11月下旬ごろまで続く予定だという。

 万願寺甘とうは京のブランド産品で初めて地理的表示保護制度(地域の農林水産物をブランドとして保護する制度)に登録され、「GIマーク」を付けて流通している。

 大門の株式会社大門ファーム(拝野正美社長)のビニールハウスでは、3月に定植し、今年は2棟で約350株を栽培。拝野社長(78)は「日が差してくれたら、さらに育ってくれると思います」と話す。

 20日に舞鶴市内のJA京都にのくにの選果場で初出荷のセレモニーが開かれ、21日には京都市中央卸売市場で初セリがあった。

 

写真=順調に育っている万願寺甘とう(大門ファームのハウスで)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。