新町商店街の空き店舗がレンタルスペースに 京都工繊大生が設

2019年05月08日 のニュース

 京都府福知山市新町商店街に、空き店舗を利用したレンタルスペース「アーキテンポ」が出来た。まちを元気にするため毎月第4日曜日に定期市・福知山ワンダーマーケットを開いている実行委員会が設置し、初日にはクラフトビール、焼き菓子などを販売。多くの人が足を運んだ。

 30年以上空いていた元紳士服店の建物を借り、実行委、地元の有志ら約30人がレトロな風合いを生かしたリフォームをした。設計は京都工芸繊維大学生が担当。厨房付きで約80平方メートルの広さがある。

 資金はクラウドファンディングを通じて募集。締め切り日までに187人から、目標額の100万円を超える139万5千円が寄せられ、テーブル、いす、塗装などの費用に充てた。

 アーキテンポ開店日の4月28日には、マーケットに出店をしてきたミヤサイ、ABAKES、実行委がワンダーバーを営業。コンクリート、木の風合いを生かした店舗にたくさんの人が関心を寄せ、飲食や休憩をして思いおもいに過ごした。

 舞鶴市から訪れた51歳の女性は「手作りの温かみを感じる内装で、おしゃれですね。お店を出す人が変わるということなので、また来てみたいです」と話した。

 こだわりを持った商品作り、販売を応援し、空き店舗の目立つ商店街への出店の誘致も目指す実行委は、「ここから新しい店舗が生まれ、商店街のシャッターが一つひとつ空いていけばと思います。日常的に人の流れが出来ればうれしい」と話す。

 マーケット出店者以外や、イベント利用へのレンタルも考えているという。

 

写真=たくさんの人が足を運んだアーキテンポ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。