全国で高評価受ける茶産地 福知山で摘み取り始まる

2019年05月07日 のニュース

 新茶の季節が訪れ、名産地の京都府福知山市内各地で茶摘みが始まった。土にある勝田裕之さん(33)の茶園では大橋一夫市長が訪れ、作業を手伝った。

 福知山では茶葉に覆いをして日光を抑え、渋味が少なく豊かなうまみにする「かぶせ茶」を生産。全国や関西の茶品評会で、優秀な成績を収めるなど、高い評価を受けている。

 大橋市長は作業初日の4日に茶園を訪れ「茶は市の大切な特産物であると思っています。今後も福知山産の茶の振興に向けて、努力していきたい」と激励。茶農家の人たち約50人と一緒に茶摘みをした。

 茶摘みは、爪を立ててちぎらないこと▽茶摘み籠にたくさん詰めすぎず、早めに大きな籠に移すことが大事。丁寧に摘み取られた茶葉は、6月19日に審査会がある両丹お茶まつり(第70回両丹茶品評会)に出品される。

 市茶生産組合連合会の田中文明会長(70)は「被覆をしてから涼しい日が続き、例年より成長はゆっくりですが、品質は良い。品評会でも上位入賞できるのでは」と期待していた。

 

写真=大橋市長も摘み取りを手伝った

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。