明治生まれの河田さん 5つの時代またぎ「平和な世に」との思い強く

2019年05月02日 のニュース

 京都府福知山市の河田あやのさん(108)。明治、大正、昭和、平成を生き抜き、新しい時代の令和で5つ目の時代を迎えた。これまでの人生を振り返り、いつの時代であっても「平和が一番」と率直な思いを口にする。

 河田さんは明治43年(1910)に、大江町河守で生まれた。地元の特定郵便局で事務の仕事をしていたという。

 90歳から二俣一の老人福祉施設、五十鈴荘のデイサービスを利用。102歳の時に同じ場所の特別養護老人ホームに入所した。普段、ちょっとした移動なら、老人用の押し車を使って歩く。食事は普通食で、3食きっちりと取り、肉が好物。計算が得意で、「ドリル」で3けたの筆算もこなす。

 また百人一首にも興味があり、好きな歌「いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな」(61番、伊勢大輔)は、すらすらと言える。

 これまで歩んできた時代を振り返り、特に昭和期に起きた戦争はつらい思い出として、「食べ物が無く苦しかった」と振り返る。昭和から平成に代わり、「平和な時代であることはありがたかった」と痛感する。

 自身の年齢については「こんなに(年が)大きくなって恥ずかしい」と言うが、令和の時代も「このまま気持ちよく過ごしたい」と心境を語る。

 

写真=同じ入所者が「令和」と書いた書を眺める河田さん

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。