平成以上の反響 「令和」の訂正印

2019年05月01日 のニュース

 京都府福知山市末広町一丁目の福知堂(奥田友昭社長)が、新元号「令和」の訂正印を作って販売している。「予想以上の反響です」と増産をかける。

 印鑑などを手掛ける同社は、昭和から平成に変わった時にも訂正印を作って引き合いがあり、令和用もと準備したが、今回は前回以上の引き合いがあるという。

 封筒などに使える大サイズ、小切手や伝票に使いやすい小サイズで、それぞれ「平成」の文字を消す二重線付きと、二重線なしがある。

 販売を始めた4月4日以降、購入する人が相次ぐ。オーダーメイドも受けており、31年前の平成の訂正印を持ち込み、同じ仕様で作ってほしいという人もいたという。

 

写真=需要が多い「令和」の訂正印

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。