令和の始まりに元気な産声 新時代に希望を抱き

2019年05月01日 のニュース

 希望を抱いて「令和」が始まった1日、京都府福知山市末広町の岡本産婦人科(岡本紀彦院長)で、新たな命が誕生した。古川和哉さん(38)、抄希子さん(33)夫婦=かしの木台=の間に生まれた男の子。抄希子さんは「新しい時代にすくすく育ってほしい」といい、令和ベビーの誕生に目を細めた。

 赤ちゃんは、身長47・5センチ、体重2750グラムで、午前5時49分に生まれた。深夜3時ごろに陣痛が来て、病院に向かったといい、「長女が2日以上かかったので、覚悟していましたが、早くに生まれてくれて安産だった」という。

 抄希子さんは「このタイミングでの出産は、なかなか出来ないことなので、どうせなら令和生まれがいいな、と話していました。時代が移り変わっていく中でも、好きなことを見つけ、伸びのび大きくなってくれたら」と話し、我が子を優しい目で見つめていた。

 

写真=お母さんに抱かれ、すやすやと眠る令和生まれの赤ちゃん(1日午前9時10分ごろ)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。