育てたサケの稚魚3万匹 由良川に放流

2019年03月09日 のニュース

 市民が育てたサケの稚魚の放流会が9日、京都府福知山市猪崎、音無瀬橋上流の由良川右岸で開かれた。参加者たちは「大きくなって帰ってきて」と願いを込めて放した。

 サケのふるさと由良川を守る会(衣川務会長)が、サケが回帰する由良川の河川環境保全を目的に、2008年度から毎年開いている。

 稚魚は、新潟県産の卵と由良川で採捕したサケから取り出した卵を、個人13人、小学校、高校などの22団体と守る会が1月から育てて大きくした約3万匹。放流会には市民ら約100人が参加した。

 参加者たちは衣川会長(66)からサケの生態や習性などの話を聞いたあと、川岸に移動して、バケツに入れた体長約5センチの稚魚をゆっくりと川に放流した。

 修斉小学校4年生の片岡華さんは昨年に続いての飼育で、「約50匹を稚魚にまで育てることができました。3、4年後には大きくなって帰ってきてほしい」と話していた。

 

写真=ゆっくりと稚魚を由良川に放す参加者たち(9日午前10時30分ごろ)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。